忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/19 11:47 】 |
元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気にというこ とはおよよ○×○
さてと、今度のかわった大ネタさがします。
フィーリングが定まらないっていうのは拒みたいのですが。
きょうはプロ野球に関係のある、元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気にということはおよよ○×○ の内容です。

☆★☆

元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気に
読売新聞(ヨミドクター) 10月12日(水)15時44分配信

講演の後、トークショーにも参加した大豊泰昭さん(左から2人目)

日本骨髄バンク設立20周年記念イベント「つなげよういのち」の集会が10日、名古屋市中村区のウインクあいちで開かれ、元プロ野球中日ドラゴンズ選手の大豊泰昭さん(47)が講演し、急性骨髄性白血病を発症し、実妹からの末梢(まっしょう)血幹細胞移植で元気を取り戻すまでの体験を語った。

大豊さんは2009年春、体調不良で検査を受けたところ白血病と判明。「高校時代に野球部の先輩、ドラゴンズ時代には監督の奥さんが同じ病気で亡くなっている」ことを思い出し、医師に「私、助かりますか」と尋ね、涙が止まらなかったという。

抗がん剤の投与で好転し、退院したものの、昨年3月に再発。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000302-yomidr-soci

★☆★

さいきん、どうしてどうして相場がアガリの風向きでいい時勢ってか?
将来も、このようなひろがりでいかがでしょう~
ボンジュール・・・・・・・・


少数のゲイのつながりは、自宅の住所の辺りで相手方とめぐり合うことが極めて困難になってきています。地域によっては、あまり近隣だと近所のめがきになることもあることでしょう。地区的に、ホモですゲイです同性愛です長崎ゲイなどでパートナーを物色している人も皆無ではないでしょう。又熊本ゲイ大分ゲイまた長崎ホモだったり熊本ホモ大分ホモまた長崎同性愛でも要望があるかもしれません。また熊本同性愛大分同性愛などそれなりのゾーンで見渡すと目標とする相手方に出会うチャンスが倍増してくることは無きにしも非ずです。

PR
【2011/10/14 14:03 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<WBCで「歩み寄り」も=島田議長ら、主催者側と交渉・・そうだよな~・ ・・ | ホーム | サブローじゃない方 の話題です。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>